泉佐野市 上下水道局

Izumusano City Water and Sewer Bureau

泉佐野市水道ビジョン

計画・政策等の公表

泉佐野市水道ビジョン

はじめに

 泉佐野市の水道事業は昭和28年の創設以来、給水区域の拡大や生活水準の向上に伴う水需要の増大に対応するとともに、平成6年に開港した関西国際空港やりんくうタウンへの給水も行っています。

しかし、近年は人口の増加にもかかわらず、節水の広がり等により、水需要が減少する傾向にあります。

 一方、高度成長期に整備した水道施設が今後、更新時期を迎えるとともに、近い将来発生すると想定されている東南海・南海地震や中央構造線地震などの大規模地震に対する対策や地震以外の危機管理対策が求められています。

 また、水道法・地方自治法の改正により、民間的経営手法の制度化が進められるとともに、計画性・透明性の高い事業経営が求められています。

 さらに厚生労働省は平成16年6月に今後の水道に関する重点的な政策課題とそれに対処するための施策等を包括的に明示した水道ビジョンを策定し、これを実現するために、平成17年10月に、全国の水道事業体等に対して「地域水道ビジョン」の策定を求めています。

 このような状況の中、泉佐野市では水道事業の現状と将来見通しを分析・評価し、水道ビジョンの政策課題である「安心」、「安定」、「持続」、「環境」等の目標を達成するために、「泉佐野市水道ビジョン」を作成しております。

全編ダウンロード(PDF)

概要版ダウンロード(PDF)

Return Top